「featured」タグアーカイブ

91GSXR750レースカウル

2014-08-11 19.38.54
後期方のGSXR750は目にする事も稀なマシンですし 重さを嫌ってコレでレースを始める人も少なかろうと思います。
2014-08-11 14.37.38
この
レースカウルはGSXR750用ではなくスズキの市販レーサーのフレームにあわせた設計で非常にタイトです。アンダーカウルはバンク角を稼ぐために車体に出きる限り沿うように取り付けなくてはなりません。マフラーによってはこのように逃がしてから オイル受けになるように塞がなくてはなりません。
2014-08-11 19.39.42
そして レースカウルは本来走行に不必要なハンドルの切れ角を考慮された造りではありません。オーナーからの依頼は出きるだけハンドルは切れるようにして欲しいとのことでした。
ですので カウルの位置決めには時間がかかりました。
アンダーを車体に沿わせてからハンドルが切れる位置にアッパーを付けようとすると アッパーカウルのアゴが上がってしまってカッコワルイのです。アンダーもフロントタイヤとのクリアランスを保持させるとカウルを前後に動かせないのでアッパーのみを前傾させて 必要なところは継ぎ足しをして車体に合わせていきます。
サーキット走行ができる所までいったらテスト走行してバンク角の確認です。

マフラーは右で集合する


油冷エンジンプロテクタが!

2014-07-25 13.47.19

油冷エンジン用カーボンエンジンプロテクタです。これは半艶です。
以前から計画していたエンジンプロテクタの強化を行いました。
金属のプレートを張り込んでいるのは従来どおりですが 積層の材料の一番削れるところはケプラーを何層も積層しました。
テストで同じようなものを作ってサンダーで切ってみると ケプラーは厚い所はサンダーではしゃくられて 切れません。強いです。
2014-07-25 13.48.26
後期方以降の油冷GSXはフルカバータイプとハーフタイプが選べます。
初期型用はハーフタイプのみとなります。
ボルトの数だけ開口していますが 必要ないと思われる所は付けなくても良いようです。

 


久しぶりのテールカウル

2014-06-05 20.01.16

製品の中にはしょっちゅう造るものと コア過ぎて注文がほぼ無いものがあります。

リアル時代に1個造った事があるだけで久々の製作になりました このテールカウル。スズキファクトリー テールカウル。
スズキ好きでも なかなか ここまでしないし 何用でもありませんが
スズキ用です。愛車が XR51の方 γ500の方 ホンモンです。

今のホームページには掲載していないものですが あったりします。

 


89-90GSXR1100 シングルシートカウル ダブルシートカウル

 

2013-12-01 17.22.31
私も所有する89-90GSXR1100用のテールカウルにこの度ラインナップが増えました。
今まで販売していた一体型シングルシートにダブルシート仕様が加わります。

2013-12-01 17.22.48
基本的にはノーマルと同じですが ノーマルが3分割のところをワンピース。
ノーマルがボスのところを 折れないように成形して製作しています。

2013-12-01 17.35.31

このテールカウルは1989-1990年式のGSXR1100用です。ノーマルと同様に使う事が出来ます。右のダブルシートカウルの上部にボルトで留められる穴を追加しています。
グラブバーを装着しない場合の強度対策です。

出来上がって撮影がすんだらカタログに入ると思います。


バイアルスのフレームを塗装

バイアルスのフレームをペイントする。

2013-11-19 20.43.03
このために ポータブルサンドブラスターを購入し 本日初使用。
40年前の塗装はサンドブラストで一発で落とせるしサビも綺麗になります。

2013-11-19 20.43.14
この位のフレームで1時間程で綺麗に出来ました。
新しいサンドブラスターを使うにあたって ブースを水洗いして綺麗にしたのですが その水を乾かさずに吹き始めたのが失敗。 20KGの砂を5分程で噴出してしまうので 砂は回収するのですが ぬれてたもんで 再使用時にブラスターが詰まる。

2013-11-19 22.55.05
詰まったら砂が出ないので 中の砂をかき出し 広げて 乾燥させるという行程が増えて 時間がかかってしまいました。
砂は サラサラでないといかんようだ。
塗装は グリーンのパールに決定。
ほんとは もっとやわらかい色にするつもりでしたが ちょっと締まった色になりました。

2013-11-19 22.55.16
このマシンを納める予定のオーナーが
「乗るのおっさんなんだからあんまりファンシーなのはどうだ」 と一言あったので
車体は締めて 外装で明るい感じに仕上げますよ。

ブラスト打つ時はこんなスタイルだ。
IMG_0296


バイアルスのエンジンを綺麗に

IMG_0183
載っていたエンジンは銀色スプレーで塗装されていて 非常に汚い。さらに銀の下はアルミが腐食している模様。こうった時はワイヤーブラシだ。

2013-10-30 23.44.26
ワイヤーブラシでしつこくしつこく磨くとアルミの地が真鍮の金色を貰って光り始めます。根気が要りますが静かな深夜の作業としては楽しく出来ますね。

2013-10-30 23.44.382013-10-30 23.44.46


回転しないサンダーを買う

FRPの工作に付きまとう一番厄介なのは 切削の粉なのですが 回転工具ではほぼ全て削りカスは舞い上がります。サンダーやグラインダーを使う時は集塵機を同時使用するのは必須。

このたび導入したのは 回転しない切削工具  前から興味があったのですが 新型が出力を上げて発売されたので 購入に踏み切りました。

IMG_0170

 

ドイツ ファイン社製 テクノトゥールズが代理店なんで オプションパーツの入手も容易だろうと。
IMG_0171

見た目はサンダーと変わりないですが 回転しないので 防護パーツが無い。
最初のキットにはこれだけのパーツが付いて来ました。
カッティング刃 に研磨用のパーツ。 値段はサンダーが4本買える位するので 使い勝手には 大きな期待をしています。

早速 刃をつけて FRPを切ってみる。

IMG_0172

 

非常に薄い刃です。 この薄さがうれしい。 鋼鉄製 細かいのこ刃が付いています。
さあ どれくらい使えるかな。

 


ミウラフェアリングのミウラがブログを復活してもらいました。

こんにちは ミウラフェアリング ミウラです。
以前に書いていた 「乗れば都のピーキーブログ」が復活しました。復活したといっても前の記事は残っておりません。

2012-07-21 001 241

ミウラフェアリングの事やワタクシの日常をアップして行こうと思っています。

今後ともよろしくお願いします。