91GSXR750レースカウル

2014-08-11 19.38.54
後期方のGSXR750は目にする事も稀なマシンですし 重さを嫌ってコレでレースを始める人も少なかろうと思います。
2014-08-11 14.37.38
この
レースカウルはGSXR750用ではなくスズキの市販レーサーのフレームにあわせた設計で非常にタイトです。アンダーカウルはバンク角を稼ぐために車体に出きる限り沿うように取り付けなくてはなりません。マフラーによってはこのように逃がしてから オイル受けになるように塞がなくてはなりません。
2014-08-11 19.39.42
そして レースカウルは本来走行に不必要なハンドルの切れ角を考慮された造りではありません。オーナーからの依頼は出きるだけハンドルは切れるようにして欲しいとのことでした。
ですので カウルの位置決めには時間がかかりました。
アンダーを車体に沿わせてからハンドルが切れる位置にアッパーを付けようとすると アッパーカウルのアゴが上がってしまってカッコワルイのです。アンダーもフロントタイヤとのクリアランスを保持させるとカウルを前後に動かせないのでアッパーのみを前傾させて 必要なところは継ぎ足しをして車体に合わせていきます。
サーキット走行ができる所までいったらテスト走行してバンク角の確認です。

マフラーは右で集合する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA