「Off Road」カテゴリーアーカイブ

友達がセローを買う

2014-06-28 17.23.15
数年前強引に6時間エンデューロを走ってもらった友達がセローを手に入れました。型は古いがシケには強い。で 走る前にチェックして頂戴と置いて行ったので今日見ておりました。 チェーンのローラーは無くなってる。

そして ステムの動きがいまいちなのでバラして確認。
2014-06-28 15.54.48

セローはこの辺が非常に簡単で良いです。バラしやすくて組みやすい。さすが。ステムベアリングは・・
2014-06-28 16.03.04

グリスが終わっておりサビも出てる。交換としたいのですがパーツを取っておいてまたの機会にすぐ交換できるようにしようと きれいにグリスを落として掃除すると パーツクリーナで吹くだけで回るのでグリスを塗りこんで再利用。
2014-06-28 16.22.07
規定トルクで締めると動きが悪いのでハンドリングに違和感が無いくらいのちょうどいい所で止めておく。
明日 オーナーとハンドルやミラー合わせなんかして雨が降る前に送り出す予定。

 


雨で吹き付けに適さない日は

このところ関東は 昼夜雨で 多湿な毎日なので繊細な吹きつけは見送ってDTを進めます。

2014-06-09 12.35.51

塗ったパーツを確認すると ステムのレースいれたままで塗装済みのステムから慎重にレースを抜きました。上下新品に。

2014-06-09 17.35.32

今日は並べる人に。 バラバラ状態でウチに来たのでボルト類が全部あるかどうかあやしい。 1本ずつブラシをかけて脱脂して並べて行きます。
2014-06-09 17.33.28

リンクを洗浄して組み付け スイングアームを取り付ける。スイングは鉄だ。
一回エンジンをキレイにして積まにゃあなりません。
エンジンはキックが降りて 動いていたという事しか聞いていませんので少し心配。
エンジンはホイールとタイヤ組んでフォークOHして足が着いてからやることにします。

 

 


バイアルスがオーナーの元へ

2014-01-22 14.57.36
1975年式TL125Sバイアルスが完成し オーナーの元へ送られました。
フレームから塗装して仕上がったマシンは 原付2種とは思えないなかなかステキな雰囲気を出しています。ペイントのコンセプトは 青ウミガメ。

2014-01-22 14.57.44
前後タイヤを新品にし スポークも張替えまして ここから 長く乗れるようになっています。

2014-01-22 14.57.51 2014-01-22 14.57.59


バイアルス125を組み立てはじめました

2013-12-03 20.08.43 
バイアルスの部品がまだ揃わないのですが 後部にFRPで細工をするので リア周りを先に組み立てて生きます。シャフトやボルトの類は全てサビをとって 磨いて グリスアップした状態までしておいたので 組み立てはサクサク進みます。

2013-12-03 20.49.35
エンジンを乗っけて スイングアームを付けます。
この車種のスイングアームには今のバイクには無い機能が付いています。
このスイングアームのつけん付近にあるボルトは キャップで スイングアームの中がオイルタンクになっています。スイングアーム後部の下側に手で回せるバルブがあって それを絞めこむとチェーンにオイルが給油されるという仕組みです。

2013-12-03 22.34.36
ノーマルのサスペンションは大きく錆びていないけど完璧に抜けててダンパーがほぼ効いていないので将来交換予定。
リアハブはゴールド リムはそれより明るいゴールド。スポーク新品。
スプロケも綺麗に塗ってます。

2013-12-04 18.58.36
エアクリーナBOXはブルメタ エアクリーナを新品にして組み付けました。
それでタンクとシートを乗っけて眺めて見ます。
リアフェンダーが出来たら本格的にリアBOXの作業が始まります。

 


バイアルスのフレームを塗装

バイアルスのフレームをペイントする。

2013-11-19 20.43.03
このために ポータブルサンドブラスターを購入し 本日初使用。
40年前の塗装はサンドブラストで一発で落とせるしサビも綺麗になります。

2013-11-19 20.43.14
この位のフレームで1時間程で綺麗に出来ました。
新しいサンドブラスターを使うにあたって ブースを水洗いして綺麗にしたのですが その水を乾かさずに吹き始めたのが失敗。 20KGの砂を5分程で噴出してしまうので 砂は回収するのですが ぬれてたもんで 再使用時にブラスターが詰まる。

2013-11-19 22.55.05
詰まったら砂が出ないので 中の砂をかき出し 広げて 乾燥させるという行程が増えて 時間がかかってしまいました。
砂は サラサラでないといかんようだ。
塗装は グリーンのパールに決定。
ほんとは もっとやわらかい色にするつもりでしたが ちょっと締まった色になりました。

2013-11-19 22.55.16
このマシンを納める予定のオーナーが
「乗るのおっさんなんだからあんまりファンシーなのはどうだ」 と一言あったので
車体は締めて 外装で明るい感じに仕上げますよ。

ブラスト打つ時はこんなスタイルだ。
IMG_0296


バイアルスのエンジンを綺麗に

IMG_0183
載っていたエンジンは銀色スプレーで塗装されていて 非常に汚い。さらに銀の下はアルミが腐食している模様。こうった時はワイヤーブラシだ。

2013-10-30 23.44.26
ワイヤーブラシでしつこくしつこく磨くとアルミの地が真鍮の金色を貰って光り始めます。根気が要りますが静かな深夜の作業としては楽しく出来ますね。

2013-10-30 23.44.382013-10-30 23.44.46